首締められ窒息死か 四街道の大学生

  • 0
  • LINEで送る

 四街道市の大学生が自宅で血を流して死亡しているのが見つかった殺人事件で、千葉県警捜査1課と四街道署は6日、亡くなった金井賢志さん(20)を司法解剖した結果、死因は頸部(けいぶ)圧迫による窒息死の疑いが強いと発表した。

 同課によると、金井さんの首には締められたような跡があり、体の一部が損傷していた。

 金井さんは4日午前3時ごろ、自宅居間で顔付近から血を流し、うつぶせで倒れているのを駆け付けた同署員らが見つけた。連絡が取れない父親(46)の行方を探していたが5日朝、香取市内の東関東自動車道で倒れているのが見つかり、死亡が確認された。